記事一覧

F.P.ジュルヌの世界への扉を開く、金無垢のクロノメーター・スヴラン ハバナ

我々は価格の上昇とクォーツを避けてハバナに向かう。

掲載している定価は2月25日時点のものです。現在、為替レートが非常に不安定なため、掲載価格は予告なく変更される可能性があります。

先日、あるベテランの時計コレクターと、1960年代にロンドンで生産されたカルティエの時計がオークションで高額落札されている話題について話をした。彼の意見に私は驚かされた。

真の意味で希少で興味深い時計の価値が上がるのは、時宜にかなった動きだと考えているという。数十本しか存在しないといわれるカルティエ ロンドンのクラッシュ ウォッチもそのひとつだ。彼は最後に、クラッシュの価値が急上昇する前に購入できた幸運な人は、“棚ぼた”だったと言い切った。つまり、このコレクターはクラッシュがすぐに暴落するとは考えていないということだ。

このコレクターの考えは、FP.ジュルヌの時計を取り巻く小売、二次流通市場を理解する上でも当てはまると思う。F.P.ジュルヌの時計は二次流通市場でも価値が高く、特別な個体がオークションに出品されれば、とんでもない高額で取引される。フィリップ・デュフォーを除いて、存命中の時計師のなかでジュルヌほど独立時計師の時計製造に世界的な関心を集める人物は存在しないだろう。これほどまでに注目され続けていることは驚異的ですらある。しかし、その一方で長年の時計愛好家やコレクターのなかには投機家に買い叩かれたと、しかめっ面になる人も少なからずいるようだ。

ブランドとしてのジュルヌは2022年から大幅な値上げを発表したが、これは新年のちょっとしたトレンドになっている。今回の価格改定を受けて、私の友人であるコレクターの考えも変わり、現在のF.P.ジュルヌのカタログに掲載されている最適な“入門機”を棚卸しする時期に来ているのではないかと思ったのだ。その意味でクロノメーター・スヴランは注目する価値のあるモデルなのだ。

しかしその前に、クロノメーター・スヴラン ハバナとは決定的に違うモデルを確認しておこう。

【関連記事】:https://www.shajikobo.com/freo/tinymce/diary.cgi

コメント一覧

ロレックス 偽物 URL 2022年03月03日(木)19時08分 編集・削除

ロレックスの本物と偽物を見分けることはほとんど不可能といって良いでしょう。